rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

ここの記事は原則 skoharaのロッソ熊本ニュースをまとめたものです。

ホーム最終戦、3−0で快勝

J2第37節、ロアッソ熊本はホーム最終戦をKKWINGでギラヴァンツ北九州と対戦、3−0で快勝し、いい形でホーム最終戦を締めくくりました。その後のセレモニーでは藤田ら退団する選手の挨拶が行われました。



今日の熊本は最高気温約11度と肌寒い一日。しかし、開場前にもすでに長い列ができており、観客の出足は早かったです。ゴール裏も上の方まで人が入っていたように思います。結局、11,048人で、今季では3番目に多い人数でした。

OB戦

出足が早かった観客のお目当ての一つにはこのOB戦があったのかもしれません。ロアッソ熊本OB vs ロアッソ熊本ユースという初の試み。熊本にJリーグをもたらした男達が再びピッチに集いました。

OBチームの先発は、GKコバ、センターバックに上村と佐藤祐介、左サイドバックは有村、右サイドバックは濱田、ボランチには山口武士と熊谷、中盤サイドに松下と河野、FWに北川と大瀬良という布陣。皆、JFL時代のユニフォームに本人の背番号をつけており、上村と濱ちゃんは共に19など、同じ番号もいました。監督はもちろん池谷GMです。

前半は大瀬良にチャンスがあったものの決められず。逆にユースに失点を許し0−1で折り返します。後半にはGKコバに代わって福邑が登場。Kyu時代には加藤、太に次ぐ第三GKだったため出番がなかった福邑がついにKKWINGのピッチに立ちました。

後半にはOBチームが押す展開。FKの場面ではジャンケンで蹴る選手を決め、結局蹴るのは北川。見事なシュートは入ったと思いましたが、やり直しで結局ノーゴール。しかし、その後有村が決めて同点に。

さらにその直後、今度は山口武士が芸術的なループシュートで逆転。OBチームは松岡卓、鈴木勝を投入。そして、なんと池谷GMが自らピッチへ。華麗な足裁きを披露、と思ったのですが、ボールに乗り転ぶ場面も(^^;。

そして終盤、ファインセーブも見せた福邑でしたがPKを与えてしまい、ユースチームが追いつきます。このまま引き分けかと思われたラストワンプレイ、上村の見事なヘッドがゴールに突き刺さりOBチーム勝ち越し!



そして直後に試合終了。OBチームが貫禄の勝利となりました。
試合も盛り上がり、いろいろと楽しませてもらって大満足のOB戦だったと思います。是非また、やってもらいたいですね。

試合

さて、ここからが本番。ギラヴァンツ北九州です。熊本の先発は前節負傷で交代した片山が結局欠場。代わりに西が入ります。そしてサブには退団する山内が入りました。同じく退団する藤田、渡辺匠も前節同様サブに入っています。

北九州は残念ながら元ロアッソの河端、関が欠場。しかし、小森田は先発で出場しました。ポジションはセンターバックでした。また、元熊本ということでいえばGK船津も出場。ロッソ熊本が設立された年にメンバーとして発表されましたが、リーグ戦開幕前に退団した選手です。

前半、熊本がペースを握り、ファビオを軸にしての展開で攻撃を続けますが、船津のファインセーブもありゴールならず。試合途中で次第に北九州もペースを握り、反撃。右サイドからクロスを入れられ、決定的場面も作られてしまいますが、枠には行かず失点せず。前半37分には途中で負傷したファビオがカレンと交代になってしまうアクシデントで痛い展開に。結局、前半は0−0で終了します。

後半、そのカレンが爆発します。右サイドを突破した筑城のクロスを頭で決めて先制点! この筑城の突破のときには大迫が相手選手をうまくブロックするいいプレイもありました。今日の大迫は運動量もあり、裏を狙うボールを何度も出したり、攻撃にもよく絡んでいました。



そして先制点のわずか3分後、今度はパスをつないで中央のカレンに入り、見事なシュートで2点目! 前回の北九州戦では一点しか取れずに追いつかれましたが、今回早くも2点目を取ったのは大きかったです。

後半32分には松橋に代え、ついに藤田を投入。スタジアムが大歓声に包まれます。後半40分には西がダメ押しの3点目。そして41分には大迫に代えて山内も登場。果敢に攻め続けるプレイを見せてくれました。

もっと藤田、山内のプレイを見たかったですが、こういうときにはロスタイムは2分しか無く、そのまま試合終了。3−0で熊本が快勝しました。

セレモニー

試合終了30分後に「2010ありがとうセレモニー」が開始されました。岡社長、高木監督、キャプテン原田拓からの挨拶の後、スポンサーからの賞が、福王、藤田、宇留野、南、原田拓、そして高木監督に送られました。

それから退団者全員が挨拶。今回は戦力外になった山下、松岡、井畑、山内、渡辺匠も挨拶があり、、そして藤田が最後に挨拶。藤田社長からも退団者に挨拶がありました。そして退団者に花束が贈呈。

最後は全員で記念撮影し場内一周が行われました。


今年のホームの試合もこれにて終了。2010年シーズンは試合数も少なかったこともあってか、早かったような気がします。最後は快勝になって良かったです。

しかし、試合自体はあと一試合あります。アウェイでの札幌戦は12/4 12:30キックオフです。そして12/12 のロアッソ熊本大忘“望”年祭で盛り上がりましょう。