rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

概要

熊本県民総合運動公園・陸上競技場「えがお健康スタジアム」(旧愛称:うまかな・よかなスタジアム、うまスタ、KKWING)は熊本が誇る3万人規模の巨大スタジアムです。ここでは2002年ワールドカップの時にはベルギー代表もキャンプをはり、2005年にはU-20、U-18の日本代表戦も行われています。2009年1月20日はついに日本代表(A代表)の国際Aマッチ公式戦が行われ、三万人を越える観客が入りました(アジアカップ最終予選 vsイエメン)。J1レベルのスタジアムがすでに熊本にはあるわけです。
2013年からはネーミングライツにより愛称がKKウィングから「うまかな・よかなスタジアム」に変わり、2017年には「えがお健康スタジアム」に変わりました。


バックスタンド中央(中段)から見たメインスタンド


ホーム・ゴール裏メイン寄り(中段)から見た光景


メインスタンドホーム寄り(中段)から見たバックスタンド

ロアッソ熊本のホームとなってからは日本一のスタジアムグルメを目指そうということでさまざまなお店が出店しています。
うまスタ・スタジアムグルメガイドではその一部を紹介しています。

熊本地震の影響

2016/04/14の熊本地震の発生により、このスタジアムは支援物資の集積所として利用され、ロアッソ熊本ホーム試合はいったん中止に。その後も日立柏サッカー場やノエビアスタジアム神戸、鳥栖スタジアムなどで県外でのホーム試合開催を行いました。

2016/07/03のセレッソ大阪戦でようやくこのスタジアムでのホーム戦が再開に。しかし、安全点検の終わったメインスタンドのみでの開催でした。2016/08/31からゴール裏が使用出来るようになりましたが、翌シーズンの開幕戦(2017/02/26)の時点でもバックスタンドは閉鎖されたままです。

データ

住所:〒861-8012 熊本市平山町2776
収容人員:32,000席
公式ページ:http://www.kspa.or.jp/

場所


大きな地図で見る

新免許センターの近くです。

アクセス

なおロアッソ熊本の試合時のアクセスはこちらも見てください

自家用車

駐車場はありますので車で行けます。新免許センターに行かれたことがある方はわかると思います。その隣です。

具体的には産業道路を保田窪交差点に向かってすすみ、国体道路に出て旧免許センターも越えてずっとまっすぐすすめば、巨大なスタジアムが見えるのでわかると思います。地図はこちら

駐車場はメインの駐車場とパークドームのところなどがあります。1000台以上駐車可能ですが、他の利用者もいらっしゃいますので、特にパークドームは停めるのが難しいです。また、ロアッソ熊本の試合では近くの熊本木材工業団地などその他の場所も駐車場として確保されています。駐車が出来ないことは通常の試合ではありませんが、動員がかかった試合では試合開始2時間前でも駐車できないという事態が発生していますので、出来るだけ早めに行くか後述のシャトルバスを利用するのが確実です。

なお、帰りは全員が一斉に出ることになるので渋滞します。30分から1時間もあれば出れると思います。出来ればスタジアム内でゆっくりしてから出た方が出やすいと思います。メインの駐車場は左折で出るとすぐに57号線、または「ゆめタウン光の森」に行けます。

光の森シャトルバス

ロアッソ熊本の試合ではJR豊肥線「光の森」駅 北口前バスターミナルからシャトルバスが出ます(大人200円 子ども100円)。そのすぐ近く「ゆめタウン光の森」の駐車場に観戦目的で駐車することも可能です。試合開始3時間前から20分間隔で運行、帰りも随時発車します。

路線バス

交通センターからの場合、 「パークドーム行き」です。運賃は片道470円です。45分ぐらいで到着するようです。試合によっては臨時バスが出る場合もあります。

アウェイサポーターのアクセス

熊本に来るアウェイサポーターの方へもご参考に。

JRの場合

熊本駅から豊肥線で光の森駅へ。そこからシャトルバスです。帰りもシャトルバスを使い同様です。

街中に宿泊している場合

交通センターから「パークドーム行き」に乗ります。運賃は片道470円です。45分ぐらいで到着します。試合終了後、交通センター行きバスもあります。

阿蘇くまもと空港からの場合

一番早いのはタクシーになります。15分程度ですが、2000円ぐらいかかります。試合終了後のスタジアムにもタクシーが多数いますので空港へ行けます。

公共交通機関で行く方法も時間はかかりますがあります。

空港→バス→JR肥後大津駅→JR光の森駅→シャトルバス

帰りも同様です。JR肥後大津駅には「やまびこ号」に乗ります(14分、280円)。そこからJRで光の森駅に向かいます(8分、220円)。シャトルバスは片道200円です。

施設

トイレ:メイン、バック共に多数。新しい施設のため綺麗。
売店:メイン側、バック側ともにコンコース内には少数あり。また、2011年よりスタジアム外に「スタグル広場」が設置され、再入場口より買いに行くことができます。アウェイゴール裏からでもメイン側にそのまま買いに行けます。
掲示板:カラー動画表示可能。
椅子:個別席。メイン側のみ背もたれあり。
屋根:メイン、バック共大きな屋根があり。ゴール裏無し。
駐車場:1500台+α

雨の場合

メイン側、バック側には大きな屋根がありますので前に座らない限り大丈夫です。A席・B席でも屋根がありますので問題ありません。コンコースも屋根がありますので、いったんスタジアム内に入ってしまえば傘をたたんで雨でも問題なく快適に移動・観戦できます。

ただし駐車場・シャトルバス発着場からスタジアムまでは傘が必要です。

また、サポータ集団がいるゴール裏(B席)はホーム側・アウェイ側ともに屋根がありません。

席割り

以下2017年のチケット案内です。

席種別前売当日場所
S席一般3,000円3,500円メイン中央
S席小中高1,200円1,700円メイン中央
SA席一般2,800円3,300円メイン脇
SA席小中高1,100円1,600円メイン脇
A席一般2,500円3,000円バックスタンド中央(メイン脇)
A席小中高1,000円1,500円バックスタンド中央(メイン脇)
B席一般2,000円2,500円ゴール裏近辺、バックスタンド脇
B席小中高500円1,000円ゴール裏近辺、バックスタンド脇

小学生未満は無料です。

なお、熊本地震の影響で2017年開幕時点ではバックスタンド中央は閉鎖中です。
そのため、A席はメインスタンド脇になります。

スタジアム評価

熊本人なら一度は来てみたい巨大施設といえます。

陸上競技場ですので、ピッチとの距離は離れています。しかし、客席は傾斜があるため、見やすいです。臨場感という面では大津や水前寺には劣りますが、何しろたくさんの人数が入ります。また、雨でも一度入ればゴール裏以外濡れずに済む構造になっていることやバリアフリーにも対応した新しい施設であることなどは評価できます。

また、2008年シーズンから日本一のグルメスタジアムを目指しているスタジアムグルメも注目です。

弱点は空港からのアクセスが厳しいことでしょう。熊本在住の方のアクセスは、自家用車があれば駐車場には止められるだけの量が用意されていますし、車が無くてもシャトルバスが全試合あります。ただし、1万人以上の動員試合では駐車場は早く行かないと厳しい場合もあります。