rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

ここの記事は原則 skoharaのロッソ熊本ニュースをまとめたものです。

鳥栖に勝利! 九州ダービー・ホーム初勝利!

J2第39節、ロアッソ熊本はホームKKWINGでサガン鳥栖と対戦、2−1で勝利です! KKWINGでは実に4月5日以来となる勝利。ホームでの勝利自体も6月28日以来。そしてホームでの九州ダービーでの初勝利を飾りました!

今日の熊本、大荒れの天気となりました。開場前から降り出した雨、そして開場すぐには荒らしと言っていいぐらいの風と雨が吹き荒れます。通常、バックスタンドで中段にいれば雨に濡れる心配は無いKKWINGですが、そこまで雨が降り込み、その上にいても横殴りで雨が来る始末。屋根があるスタジアムなのにポンチョを着る人が多数で、売店の方は吹き飛ばないように大変だったようです。

さらに気温も急低下。アメダスによれば13時に26度の気温が14時には20.5度に。半袖では寒くて思わず今日発売開始の長袖シャツを買いました。これがなかったら今日はつらかった・・。

このような状態ではせっかくの動員試合も観客数が伸びるわけがなく、最初の段階ではこれはいつもより少ないな、と思ったのですが、次第に天候は良くなってきてキックオフ時点では雨はほぼ上がるような状況まで回復。客足も徐々に伸びました。メイン、バックは雨が当たっていないところはほぼ埋まるよな勢いでしたが、しかし1万人は越えず8671人に。鳥栖からも多数のサポーターが詰めかけ、メインバックともにアウェイ側を水色で染め、やはり普通の試合とは違うな、ということを感じました。

試合

今日のスタメン、熊本は前節とほぼ同じ。左サイドバックが網田から原田に戻りました。サブには負傷で前節欠場した福王が入っています。

試合は開始からジリジリするような展開。熊本は山内の個人技などからチャンスは作れてもなかなかシュートまではいけません。鳥栖のチャンスもそれほどは与えていませんでした。そんな中、前半29分、裏に抜け出した西森がクロス。間の相手DFをすり抜け中央に走り込んだ西が決め、熊本が先制! 西のこのゴールがロアッソ熊本通算100ゴールとなりました。その後は鳥栖が反撃に出ますが、前半は何とかしのぎます。

後半開始から鳥栖がやはり攻めに出てきます。熊本は受け身一方に。これでは残り時間しのげるのか?と思って時計を見たらまだ後半13分ぐらいだったので、これは厳しいと感じました。それでもしのいでいましたが、後半17分には失点。クリアできたかと思ったところでの失点だったのでもったいなかったです。

ここで熊本は西森に代えて木島、続いて原田拓に代えて福王を投入。木島を中心としたカウンターを狙う場面が徐々に増えてきます。それでも鳥栖がペースを握るのは変わらず。後半35分には藤田に代えて翔平を投入し、これはドローでもいいという感じかな、と思ったのですが、後半37分に木島が突破を見せます。左サイドのゴールラインぎりぎりで相手DFを振り切りそのままクロス。こういうときにいつも中に人がいなかったのですが、今日は山内! しっかり決めて熊本が勝ち越し。スタジアムのホーム側で盛り上がりは最高潮に。その後の攻撃場面では久しぶりに何かスタジアムが揺れた、と感じました。

ロスタイムは4分と長かったのですが相手に攻撃をさせず終了。すばらしい勝利でKKWINGで5ヶ月ぶりとなる勝利、そして九州ダービー初勝利、九州ダービーの相手・サガン鳥栖相手に年間勝ち越しを決めるという記念すべき日になりました。



サポーターを満足させた試合

草津に6−0で前節勝ったとはいえ、果たして今日は大丈夫なのか、と一抹の不安は試合前にありました。しかし、守備がある程度安定し、山内は今日もいいパフォーマンスを披露、そして木島も健在と今日は最高と言っていい見事な勝利でした。嵐の中でも来た熊本サポーターを満足させたのではないでしょうか。とにかく次の試合が楽しみです。

次はアウェイで徳島戦(20日)、ホームでは23日の横浜FC戦(KKWING)です。23日には今日来れなかった人に勝利を見せて上げたいですね。