rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

ここの記事は原則 skoharaのロッソ熊本ニュースをまとめたものです。

セレッソ戦、0−2で敗戦

J2第36節、ロアッソ熊本はホームKKWINGでセレッソ大阪と対戦、0−2で敗れました。

今日の熊本は蒸し暑い1日。しかし、夏休み最後の日曜日、開門前にはたくさんの人が並んでいました。途中で伸び悩みましたが結局5,775人。これは今期5位の動員数となりました。

今日のスタグルメ、私は悩みましたが、あまり空腹でもなかったので裏カフェのマドラスカレーを選択。これは量は少ないですが、辛口で絶品です。今日は大盛り(+100円で500円)にしてみました。さらにあまりに暑かったのでバックスタンドにあった菊池アイスを購入。これは菊池にあるさまざまな店が独自のアイスを出しているところで、いろいろ種類があって悩みます。今回はミルク味アイスクリームを選択。暑い中でアイスは助かりました。またいろいろ食べてみたいですね。

試合

今日のロアッソ熊本、スタメンを大きく変えてきました。藤田をサブにし、FWに西、山内、西森の若手トリオ。DFも出場停止のチョソンジンに代わって河端が入りました。

試合は前半からセレッソが攻めに出ます。やはりここで勝たないとまずいという危機感がセレッソには感じられました。前半4分にはカイオに決められ早くも失点。さらに激しい攻めにペースをつかまれ、パスを回される展開。熊本が攻める場面は少なかったです。しかし、そのような状態でも0−1でしっかりと前半を終えることができたのは良かったと思います。

後半、今度は熊本が攻めに出ます。西森に代え藤田、河端に代え矢野を入れ、ペースをつかみ出します。やはり藤田が出すラストパスは効いていたと思います。しかし、チャンスは作れても決められず。ある程度ペースをつかんだかに思えたのですが、後半24分にペナルティエリア内で相手を倒してしまいPKを与えてしまいます。これで0−2となり厳しくなりました。木島も投入し、攻めはしますが結局は0−2で終了でした。

強かったセレッソ

やはりセレッソはパスも早くて正確で、カイオの高さ、香川の速さ、といったところは強さを感じた試合となりました。今まで一番セレッソが本気できたのではないかという気がします。そのような中で熊本もよく戦ったと思いますが、今日は相手が強かったという感じです。

しかし、このスピードになれた状態で水曜の岐阜戦に挑めるのはいいことではないでしょうか? さすがにそろそろホームで勝たないとまずいと思います。水曜日は期待したいです。