rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

ここの記事は原則 skoharaのロッソ熊本ニュースをまとめたものです。

徳島とドロー

J2第39節、ロアッソ熊本はホームKK WINGで徳島ヴォルティスと対戦、2−2で引き分けました。勝ち越しては追いつかれる展開で、惜しい試合を落とした感じです。

今日の熊本は朝からしとしとと雨。肌寒い天候でした。大きな屋根があるKK WINGですが、雨だと客足は落ちます。最初から出足は伸びず3,774人。前回の1万5千人効果も感じられないような状況で残念です。今日はコアサポ中心の観客だったということでしょうか。雨で固まって座っていたこともあり、雰囲気は良かったですね。

試合

今日のスタメンですが福王が出場停止で矢野がセンターバックに入り、左サイドバックがチャ。FWには先発で木島が入りました。

試合開始後は互角の展開。徳島も前回鴨池で対戦したときよりは鋭い攻撃を感じました。しかし、先制したのはロッソ。前半15分に高橋が一人で抜けだし相手DFもかわしてそのまま決めます。高い個人技を見せつけました。その後も攻めるロッソ。ただ、追加点はなりません。

優位に試合を進めていたのですが、前半35分。クロスのボールをGK吉田がファンブルし、そのまま入れられます。「やっちゃった」という感じの失点。これは吉田は悔しかったでしょう。前半の終わり頃には喜名が足を痛め、小林陽介と交代するアクシデントもありました。

後半カウンター気味に熊本がチャンスを作り続けます。特に木島の突破が何回もありました。が、最後の部分では徳島も粘りをみせ、しっかり寄せているので決められず。なかなか入らないな、と思っていた後半25分、吉井に代えて小森田を投入します。その直後でした。左サイドからのクロスですが、相手はしっかり人数をかけて守っている場面。おそらく難しいだろうと思い見ていましたが、小森田がそこから決めます! これで2−1。再びリードを奪います。

ただ、残り時間がかなりある以上、このまま終わらせるのも難しいと見ていました。熊本の守備は次第にルーズになってきてラインも下がるようになってきます。ピンチが続き、そして後半36分、自陣左サイドからクロスを入れられ失点。再び同点に。この後はお互い攻めますが、決めきれず。結局ドローに終わりました。

痛い結果

順位的には痛い結果です。まず愛媛が勝利したため、熊本は14位転落。すぐ上にいた岐阜も勝利したため勝ち点3の差がつきました。

ただ、試合自体はひどい試合というわけではなかったと思います。結局はとりこぼした試合という感じでしょうか。攻めの姿勢は出ていました。ただ、ミスがやや出ていたと思います。

結果は出ませんでしたが、切り替えていくしかありません。次は天皇杯になり、10/12(日曜)に栃木SCとアウェイで対戦です。