rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

ここの記事は原則 skoharaのロッソ熊本日記をまとめたものです。

逆転で5連勝!

JFL第11節、ロッソ熊本は横河武蔵野FCと対戦、3-2で逆転勝ちし5連勝、依然勝ち点差1の2位につけています!

それにしても苦しい試合でした。大事な試合、ロッソは苦しみながらもなんとか勝利を得た、という点は大いに評価したいと思いますが、課題も出た試合でした。

今日の熊本は快晴でしたが、スタジアムでは風が強く、日が当たらないとロッソTシャツだけでは肌寒かったです。観客は先週のGWよりは入らず、3122人。当初の出足が悪い状態ではかなり心配しましたが、結局は3000人越えという最低ノルマは果たしました。

試合前には小林陽介選手のJFL100試合出場を祝うセレモニーが行われました。




試合

ロッソの先発は最近のメンバーと変わらず。試合開始当初から今ひとつ運動量も無く、とてもゆっくり入ったな、という感じでした。それは横河武蔵野もそれほど変わらなかったのですが、前半3分にはいいパスが入って一瞬の隙に決められてしまいます。しかし、早い時間帯なのでそれほど焦る必要はないなと思って見ていました。

ロッソのペースは相変わらずだったのですが、前半14分にペナルティエリア前でもらったFKを小森田が決めて同点に追いつきます。前回のホームでも決めた小森田。FKは好調なので、この位置なら決めてくれるかな、と期待を込めてみていました。

その後、ロッソはペースをつかみ攻め立てますが、決定的チャンスはほとんど作れず。逆に横河は速攻からチャンスがありましたが、決めきれず。そのまま前半を終えます。

後半、立ち上がりからロッソはDF陣を中心にミスを連発。運動量も上がりません。試合は完全に横河武蔵野ペースになりました。再三のピンチを相手のミスもありしのいでいたのですが、ここまでピンチが多くてはしのぎきれるはずがありません。後半17分についに失点し、横河が2-1とリードします。この時点ではペースを完全に握られ、敗戦濃厚という感じでした。

そこからロッソの反撃ですが、それほどペースをつかめているとは言い難かったです。しかし、横河武蔵野もペナルティエリア内ではDF,GKとも落ち着きを無くしていました。その隙をつく形で後半21分、高橋が決めて同点に追いつきます。

その後は横河武蔵野も速攻のペースが落ち、ロッソもそれほど攻めきれず膠着状態に。このままドローかとも思われた後半42分。またも高橋がペナルティエリア内でこぼれたボールを決めます。横河武蔵野DF陣はここでも落ち着きを無くした感じでした。一時は敗戦かと思っていたスタンドもここにきて大きくヒートアップ。ものすごい歓声に包まれます。



残り時間はとても長く感じましたが、一度あったピンチもしのいで試合終了。ロッソは大事な試合をペースを握られながらも勝った、という試合でした。

試合後は北川選手のJFL100試合出場のセレモニーも行われました。



苦しんでの勝利

後半開始当初のロッソは今シーズン最悪の出来とも言っていいぐらいでした。鳥取戦でもあれほどミスは出なかったように思えます。DF陣は横河のスピードについていけない場面が目立ち、何度も裏を取られました。さらにセカンドボールも拾われ何度もピンチを招きました。FWとMFの間隔も空き、攻撃が作れませんでした。

しかし、それほど苦しい試合でも最後まであきらめずに反撃し、試合をものにしたのは大きいです。こんな苦しい試合でも勝てる、というのは自信につながったと思います。試合を救ったのは小森田のFKと途中から入ってバランスを立て直した森川拓巳の投入、そしてFW高橋泰の決定力でした。

ただ、今回のような試合では次節のFC岐阜には勝てないでしょう。苦しい試合をものにして勢いは出ていると思いますが、しっかりチームを立て直さないと再び苦しい展開になるかもしれません。

JFL第11節、結果

首位の佐川急便SCが上位連戦に突入、初戦はアローズ北陸に4-0で勝利と強さを見せつけました。3位のFC岐阜はFC琉球に1-0で勝利。この結果、佐川、ロッソ、岐阜が勝ち点1差で3位以内をしめる展開に変わりはありません。

ただ、4位-5位対決のYKK AP vs 栃木SCがドロー、アローズと横河が共に敗れたため、ロッソとJ昇格圏の4位以内との差は勝ち点6に広がりました。JFLは上位陣3チームと4位以下に分かれ出しました。4位以内を狙う展開としては上位勢が走る展開が一番なので、今節は理想的展開です。4位から7位が勝ち点3差内と接近しています。

スタジアムで・・

この試合もバックスタンドにいたのですが、前回のホームから活動を開始した「ロッコス」は今回はこの「のぼり」を立てる活動で目立っていました。これはバックスタンドに座っている方にお願いして上げてもらっていました。一斉に上がると確かに迫力ありますね。今回は取材も入っていたようなので、いろいろロッコスについてわかりそうです。



それからアルデラスの方々はメイン、バックスタンドに試合開始前に太鼓と一緒に出向いてコールの練習みたいなものを観客とやるような活動をしていました。これはいいですね。今後もよければお願いしたいです。それからチャントのCDを配布していたのでもらってきました。これでFlashとか作れたらいいな、とも思ってます。

あとは横河武蔵野FCサポはなかなか面白かったです。「アルエット熊本」コールをしたり「打倒アカレンジャー by 秘密結社ムサシノ」の段幕掲げたり。でも、秘密結社ってアカレンジャーに最後はやられてしまう、というのが普通なのでは(^^;。そして極めつけは小林陽介の段幕。昨年所属していた選手の100試合出場を祝いながらも、敵チームの選手ということで、逆さまに掲げていました。なかなかシャレています。