rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

ここの記事は原則 skoharaのロッソ熊本日記をまとめたものです。

ロッソ、運動量無くドロー

JFL第15節、ロッソ熊本はホームでのSC鳥取戦を1-1で引き分けました。ただ、上位の栃木SCが敗れたためロッソは4位に浮上。首位との勝ち点差は4です。

蒸し暑かった今日。ワールドカップの影響か、出足は鈍かったですが、結局観客数は2556人。前回ホームとほぼ同じでした。もう少し伸ばしたいところですが、この暑さでバックスタンドに屋根がない水前寺では、観客も結構きついです。

試合はロッソは前節と同じスタメン。前半はロッソがポゼッションを保ってゲームを支配。そしてSC鳥取がカウンターという展開。しかし、ロッソは決定的チャンスは作れず枠内シュートはほとんど無し。逆にSC鳥取の方には決定的チャンスも何回かありこの時点で既にSC鳥取ペースといえるでしょう。

とにかく運動量がないロッソ。後半頭から関に代えて山口武士投入。しかし、これも効果無く相変わらず動けない。鳥取の方がよく動いていてのゲーム支配も鳥取の方に。一進一退の流れの中、ロッソ先制。しかしすぐ同点、というバタバタ。

この後、危機感を持ったか急に動きが良くなったロッソ。運動量も上がってきますが、もう時間は15分しかなく、攻めも決定力を欠き、山口も退場になって最後はなんとかドロー。内容からいくと、正直勝ち点1でも上積みできて良かった、と思えるのが悲しいです・・。

しかし暑いとはいえホーム。ここまで運動量がないと今後の夏のホームがとても不安です。