rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

残念な結果

今は全国地域リーグ決勝大会に向けてチームを作っていく時期。勝ちは欲しいけど内容も必要。という試合でしたが結果は1-3というとひどいものに。しかし、内容はボールは支配していたと思いますし、良い形は何回か作ったと思います。ただ、キーパー(今日は太)のミスやカウンターでの失点で結果は残念なものに。全体的にとにかくミスが多く、なぜか相手に直接パスしてしまうシーンがとても多かったです。やはり新しい形を試している過渡期だからでしょうか。

システム


システム的には最初は森トップ下でスタート。鈴木勝の右サイドというのは新鮮でした。そこそこよかったように思えます。実際、序盤はほとんどゴールしたようなシーンもあり、かなり優勢で圧勝かな、という雰囲気でした。ただ、前半途中からペースダウン。さらに前半で多聞の負傷交代(首藤へ)、鎌田の途中交代(濱田へ)、後半始めからの奈良投入と、交代枠を3つも使用することになったのは計算外だったと思います。

また、途中から森の左サイド、山口武士トップ下の形になりましたが、もう一つだったと思います。森の左サイドはネットで書かれているほどは良くなかったです。やっぱり中央が良いのでは。その後は左サイドに関を投入しましたが関は前半戦の頃のキレが感じられない感じでミスも連発でした。

結局最初の形が一番良かったのかな、と思えました。

試合開始当初は弱かったヴォルカのプレッシャーも後半開始からはかなりきつくなってきて、結果、相手に危険な形でボールを渡すシーンが多発し、危ないシーンは多かったですね。

こちらもチャンスは多かったですが、結果的には武士のヘッド1点だけ。まあ、最近ではこれはいつものことですが。

失点

全国地域リーグ決勝大会に向けて、ということを考えると1−3という結果よりも内容的にミスが多かったことが気になりました。失点自体は気にならない感じの事故的な点の失い方でしたが、失点までいかなかったピンチの方が気になります。

ちなみに失点は一点目は山口武士が報復行為?的なことをされたのかかなりピッチ上でもめた後、その後すぐの集中を欠いた状態での失点、2点目はキーパーが前に出て処理しようとしたところにチャージされてこぼれ球を決められ失点でした。

今回の結果でKyuリーグ優勝もどうか、とも思いましたがFC琉球も1-2で敗れたようですので、次節、10/1の沖縄かりゆしFC戦に勝てば優勝です。

運営など

今日は観客数2800人超。位置づけが難しい試合だし、駐車場も限られている上に臨時バスもないのでかなり厳しいかな、と思っていましたのでまあこれぐらいでしょう。

会場ではお子様にチアスティックを配っていましたが早々になくなったようです。一般には「ロッソ熊本・全選手完全ガイド」という冊子と「ロッソうちわ」を配ってました。また、グッズコーナーも見てみたら、ロッソ熊本エンブレム(ピンバッジ)という限定商品を発見!即購入しました。



また、優勝決定したら優勝記念Tシャツを発売するはずだったようですが残念ながら今日は入手できず。次節には優勝を決めて是非入手したいものです。

それからボランティアの方、お疲れ様でした。会場スタッフもかなり精力的に動かれていたと思います。大津では前回は通路に座っていた人もいたと思いますが、そのあたりはきちんとスタッフが注意をされていました。

また、スタジアムDJですが、今日はなんと女性に! アウェイ側

、ホーム側のメリハリもついていてまあ、良かったようには思えます。ただ、会場スピーカーがやや聞き取りにくかったです。壊れてる?(メイン、左側)。でも、元のDJ氏には戻らないのだろうか・・。

と思ってたら、今日のマッチデーニュースに元DJ氏のコメントが(^^;。気になる人はマッチデーニュースを買おう。今節と今度のKKウィングのマッチデーニュースは共通号なので10/1、10/2のKKウィングで買えます。100円です。そういえば、マッチデーニュースを画像として出していなかったので出しておきます。こんな感じです。