rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

JFL最下位との対戦

ロッソ熊本は天皇杯1回戦でJFLで現在最下位の三菱自動車水島FCと対戦しました。来年のJFLを目指すロッソ熊本はJFL最下位のチームとどこまでやれるかが注目されました。

試合内容



試合内容は終始ロッソが押す展開でした。三菱自動車水島FCは格上のリーグのはずなのに引き気味でロングボール・カウンター狙いという感じ。ロッソ熊本がポゼッションではかなり上回ったと思います。

しかし、ロングボールからキーパーの処理しているところを先制され、苦しい展開に。相変わらず、ボールは支配していますが、決め切れません。

もはや終わったか、というところでセットプレイから朝比奈の同点ヘッドが炸裂し、試合は延長戦へ。

相変わらず、ボールを支配し完全にロッソペース。対する三菱自動車水島FC故障者が一時ピッチを離れるなどして多くの時間を1〜2人少ない状態になってしまい、決定的チャンスを何度と無く作られますが、ロッソは決め切れません。

三菱自動車水島FCは数少ないチャンスをものにします。セットプレイから勝ち越し点。その後、ロッソの反撃も何度と無く枠を外しまくり、ロッソは一回戦敗退です。

試合を終えて

敗退したとはいえ、試合内容は終始ロッソが押す展開でした。三菱自動車水島FCは格上のリーグ所属のはずなのに引き気味でロングボール・カウンター狙いという感じ。ロッソ熊本がポゼッションではかなり上回ったと思います。

そこからどれぐらい決定的チャンスを作り出せるかが重要ですが、それもそこそこあったと思います。結局は決定力不足に泣いたという感じです。また、カウンター・ロングボールに対する守備にも課題が残りました。

まあ内容がそこそこ良かったとはいえ、敗退は敗退。現在の実力ではJFLで厳しい状況ということが明らかになりましたので、全国地域リーグ決勝大会も厳しい状況が予想されます。もちろん、現在の状況はチームを作り直している途中であり、これから完成へと近づいていくとは思いますが、その成果が出ない場合にはかなりまずいですね。

サポーター的には次のヴォルカ戦では結果が欲しいところ。全国地域リーグ決勝大会にサポーターを多数呼ぶためには最後は3連勝してKyuリーグを締めたいです。

今日の観客数

今日の観客数は1000人ちょっと。有料ということもありますが、この日にはJ1大分戦も同時に行われたからです。私もこの試合後すぐに大分に向かいました。

そのため、この日、アルデラスの元でサポーター連絡先交換等が行われたはずですが参加できませんでした・・。延長戦になる可能性があることを完全に失念していました。まあ、勝てると思っていたので・・。

今日の試合でやはりJ1等の試合とかぶるとロッソの観客数が少なくなることが判明したと思います。11/27の全国地域リーグ決勝大会はとても心配です。