rosso-penya

Jリーグ応援サイト J's FAN
Timelog
ロアッソ熊本公式サイト

このページは skohara が個人的に作成しているページです。 お問い合わせは skohara@dicre.com まで。

ブログ skoharaのロアッソ熊本ニュースでもロッソ熊本の最新情報をお伝えしています。
このページはブログに書いた情報をまとめたものが中心です。 なお、このサイトはリンクフリーです。下のリンク用アイコンは自由に使われてかまいません。 rosso penya

Google
ホームページ作成ソフト Sitehina
このサイトはSitehinaで作成されています。

島原へ

天気晴れ。ということで、島原まで行ってきました。初のアウェー戦、しかも今回は妻が別件でおらず私1人です。

熊本からのフェリー。オーシャンアロー号で島原へ向かいます。熊本港の駐車場は奥の方なども含めると結構広く、そこに止めて、単身、フェリーに乗り込みます。



フェリー、オーシャンアロー号にはロッソのTシャツを着た人がぽつぽつといました。私もそうですが、上にシャツを着ていたりして実際にはもっと多かったようです。客席は満員に近い状況でした。

フェリーを下りたら島原陸上競技場まで歩きます。が、どっちに行くかよくわからない人多数。私は地図を印刷してきたので、それを見ながらなんとか歩きます。その途中で同じくロッソTシャツを着た人に話しかけられ、一緒に行くことに(Yさん)。サッカー談義、ロッソ談義で盛り上がりました。

ようやく到着。島原陸上競技場は、雄大なロケーションの素晴らしいスタジアムでした。



その後Yさんと2人でアルデラスの皆さんの横に移動。アルデラスの方から集まりましょうと声を掛けられたので、さらに近くに。ほとんどアルデラスメンバー状態となって、声を出してました(右端でロッソTシャツ着てカメラ下げてたヤツが私ですがわかる人はいるかな・・)。

観客数ですが確か1800人ぐらいのアナウンスがあったはず。そのうち約半分はロッソサポーターだったように見えました。何しろ、バックスタンドのアウェー側はロッソサポで一杯。



バックスタンドのホーム側はあまり人が入っておらずメインスタンドはさすがにV・ファーレン長崎サポが多かったですが、メインスタンドでもロッソの赤いTシャツが結構ありました。

V・ファーレン長崎のサポーター集団の方はゴール裏に陣取って、アルデラスとのコール合戦。アルデラスからは「こっちがホーム」の挑発コール(^^;。これに対し、V・ファーレン長崎からは「ロバ、ロバ」のコール。険悪な雰囲気ではなく、かなり盛り上がっていました。

vsV.ファーレン長崎

さて、試合の方ですが、ロッソはなんと3-4-3、スリートップのシステム。今まで見たことがない新システムに驚きの声が。アウェーなのに超攻撃的? しかし、3-4-3のシステムが前半はどうもうまくいかずピンチの連続。攻撃陣も攻め込んでもシュートを打たずにボールを回してばかりになり、無得点。結局0-0で折り返します。



上の写真は前半の物。後ろのV・ファーレンの横断幕の小峰さんの顔がいいですね。他にも「小峰魂」という横断幕もありました。

後半、最初に得点したのはなんとV・ファーレン長崎。FKからでした。ロッソは今までPKでの失点しかありませんでしたが、ついに伝説もここまで。あまりのことに一瞬ロッソサポは静まりかえります。が、すぐにロッソ熊本のコールでもり立てます。

連勝の伝説もここで終わってしまうのか。いやいや、まだ終わらんよ、というわけで反撃開始。ようやく動きが良くなってきて、シュートも出始め、ついに関が同点ヘッドを突き刺します。ロッソ熊本サポは大歓声!

しかし同点ではいけない。勝ち点3が欲しいところ。ロッソはFW 嘉悦に変え、ハマちゃんことMF 濱田を投入し、元々のシステム3-5-2に戻します。これが大当たり。濱田が右サイドを何度も切り裂き、完全にロッソのペースに。そして、後半26分。FW 町田多聞がDFラインを突破。まだ距離がある位置から豪快にシュート。さすがにそれは入らないだろ・・と思ったら綺麗な弧を描いて見事なゴール! ワールドクラスといってもいいシュートにはロッソサポも驚喜。私もYさんとタッチを交わしました。その後は、TAMON MACHIDA の大合唱!

2-1でリードしつつ、残り時間も少なくなってきましたがここで長崎も反撃に。危ない場面が続きます。ロッソもあと1点は取っておきたい、と思ったところで町田がだめ押しの3点目。今日の町田、すごい活躍でした。

というわけでロッソは今日も3-1で勝利、開幕6連勝です!